ライター新田理恵/NittaRie

映画、人、お仕事について書きます。

私も英語勉強しなくっちゃ…と思った『サムジンカンパニー1995』

この週末公開の映画2本、関連の記事を書きました。

 

『サムジンカンパニー1995』

wezz-y.com

待ってたよ!な『唐人街探偵 東京MISSION』

 

けっこうガツンとくる『やすらぎの森』

5月21日(土)公開のケベック映画『やすらぎの森』。劇場版パンフに監督インタビューを書きました。
差別や人生のしまい方を考えさせられたり、2019年に88歳で亡くなったアンドレ・ラシャベルさんがバストトップも露わにして挑んだ美しいラブシーンに驚かされたりと、いろいろ見どころの多い作品です。
ただ、全然やすらげる作品ではありません(笑)
東京だとシネスイッチ銀座で上映中(営業してるよ!) 

「紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~」

字幕翻訳(共訳)したドラマ「紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~」 がGW明け5月7日(金)にDVDリリース(レンタルも)&U-NEXTで配信開始です。
第一話が無料公開されています。 
キャストはこれからという若手が中心ですが、お芝居もアクションもできる子をそろえていて、真面目に武侠やってるところに好感が持てる作品です。 
主演のジャン・ヤオくんは7月公開の映画『少年の君』にも出演しています。
 
 

必見の『春江水暖~しゅんこうすいだん』

まだまだ全国順次公開中、字幕監修させてもらった『春江水暖~しゅんこうすいだん』。絵巻物を見ているような、すごい作品です。

www.moviola.jp

 

「キネマ旬報」 2021年2月下旬ベスト・テン発表特別で、グー・シャオガン監督のインタビュー記事を書いています。これが長編デビューとは思えない、おそるべき才能。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91k+gJmKfKL.jpg

www.amazon.co.jp

「THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~」白雪監督インタビュー

昨日から公開です。白雪監督、素晴らしいデビュー作。キネマ旬報の記事がオンラインで公開されました。
 
若手監督を取り巻く中国映画業界の状況も興味深い。
 
 

「恋愛できない僕のカノジョ」DVDが出ています

字幕翻訳に参加した中国ドラマ「恋愛できない僕のカノジョ」、前半のDVDがリリースされています(後半はレンタル11月4日~、セル11月6日~)。

ヘヴィな時代劇の骨休めにおススメの可愛い作品です。

www.cinemart.co.jp

ティミー・シューが人気ですが、チャオ・シンもいいんですよ。ドラマの中ではドジでふにゃっとしたキャラなのですが、エンディングで流れるメイキングで見せる素顔がなんだかサバサバしていて好感度アップ。

日本では「琅琊榜」シリーズで知られていますが、私は「欢乐颂」(原題)で「おっ、いいね」(おっさんか)と気になって。

youtu.be

(ヤン・ズーとワン・カイもこの頃は可愛いな!)

メガネの子ですね。「大人しくて目立たないけど、実は一番美人」ってポジション、よくないですか?(おっさんか)

 

このドラマ大好きなのですが、残念ながら日本には入ってこなかった。今だときっと来てたよね…。「2」にはダン・ルンも出ているよ。

 

 

『死霊魂』公開

字幕翻訳(第二部、第三部)した『死霊魂』、コロナの影響による上映延期を経て、やっと公開されました。

 

moviola.jp

 

8時間超という長丁場ですが(映画館は密閉空間にあたらないらしいわ)、そのうちDVDやサブスクで…と思わず、ぜひこの機会に(映画館で強制的に)三部続けて見てほしい。証言映像をつなげただけに見えるけど、いかに上手い構成か分かります。

 

インタビューの仕事をする者にとってはワン・ビンの話の引き出し方がミラクルなので、そういう意味でも必見。口を閉ざしていた生存者が、いつしか饒舌に語ってる。「いつ?」「何時ごろ死んだ?」「何人くらい?」と簡単なファクトしか聞かないのに。見習いたい…。

『はちどり』がいい

本日6月20日公開の韓国映画『はちどり』、キム・ボラ監督にインタビュー。

telling.asahi.com

 

『パラサイト 半地下の家族』大ヒットや、フェミニズムの波といった流れで語られる映画だと思いますが、そういうことは抜きにしても、しみじみいい作品なのでおススメしたい。

 

日本でも韓国フェミニズム文学の翻訳本が続々出版されていますが、映画界でも若手女性監督の活躍が際立つ、というお話など。

ステイホームがなぜかノーストレスだった件/『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

映画館が営業を再開し、やっと公開された『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』。「telling,」さんに記事を書きました。

 

telling.asahi.com

 

「若草物語」のこの素晴らしい映画化について書いているようで、実は「ステイホーム」がノーストレスだった…という話(?)。

 

講談社さんから昨年末に出た、原作の1部&2部合本がすごくかわいいんですよ。

 

若草物語 1&2

若草物語 1&2

 

 

もともと「青い鳥文庫」で全4巻で出ていたもの。今読んでも「めっちゃわかるわ」と付箋だらけになります(笑)。