ライター新田理恵/NittaRie

映画、人、お仕事について書きます。

映画

今年も開催されます、香港映画祭2022

今年も字幕翻訳に参加させていただいた「香港映画祭2022」、公式ホームページができています。作品解説など詳細が載っているフライヤーもダウンロードできます。 この映画祭でしか見られない貴重な作品ばかりです。年末の忙しい時期ですが、ぜひ。 hkfilm202…

『復讐は私にまかせて』撮影・芦澤明子さん

公開中の映画『復讐は私にまかせて』で撮影を担当された、日本の女性カメラマンの草分け的存在、芦澤明子さんにインタビュー。 「フリパラ」さんではフリーランスとしての働き方の部分を中心にお話をうかがいました。 note.com 最近は自分の思いを最短距離で…

『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』

今週末公開の中国映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』について、きのう発売のキネマ旬報6月上旬号にチャン・イーモウ監督の論考を書いています。 www.kinejunshop.com トム・クルーズが目印。

『ドライブ・マイ・カー』英語字幕翻訳者 礒﨑さんへのインタビュー

去年、映画を見た時からずっと気になっていた。 海外で非常に高い評価を得ている『ドライブ・マイ・カー』。海外の皆さんは英語字幕で鑑賞してるので、その功績はものすごく大きいはず。 そんな思いから実現した英語字幕翻訳者・礒﨑美亜さんへのインタビュ…

『宇宙探索編集部』

大阪アジアン映画祭の取材記事はまた今度!と書いておきながらアップしていなかった。 『宇宙探索編集部』、孔大山監督にインタビュー。中国の新人監督が放つ、ゆるゆるSF映画(ではなくロードムービーだと監督)。どういう方向にいくのか、2作目も楽しみで…

大阪アジアン映画祭と『柳川』

大阪アジアン映画祭に行ってきました。 あまり本数は見られなかったのですが、見た作品はどれも当たり!と嬉しくなるものばかり。取材記事などはまた今度。 オープニング作品の『柳川』は日本語字幕をやらせていただきました。 ここはどこ? 夢か現か? え、…

2021年中国の映画興収ランキング

毎年恒例、キネマ旬報の映画業界総決算号に、中国の興収ランキングに関する記事を寄稿しています。 目次を見ていただければ分かると思いますが(端折るな)、この号は買い!かと。 www.kinejunshop.com

人付き合い、大事にするわ… タイ映画『フリーランス』

「ホントに働き方見直さないとヤバい!」と全く他人事ではなかったタイ映画『フリーランス』。反省しすぎて(?)「フリパラ」さんで紹介しました。 note.com

韓国映画『ユンヒへ』

昨日から公開の韓国映画『ユンヒへ』。おすすめです。 女性同士の愛を描く映画はもう珍しくありませんが、中年の女性同士というのはあまりないのでは? また、彼女たちを支える伯母や娘との世代を越えた連帯の描き方もいい。 イム・デヒョン監督にお話を聞き…

2022年の始まりも香港映画

本年もよろしくお願いいたします。 昨年末から仕事に追われてお正月の実感もないのですが、 何かと香港映画づいています。 まだまだ公開中の『レイジング・ファイア』、おすすめです。 同作公開にあわせ、シネマカフェさんで香港映画の特集を書きました。 イ…

2021東京・中国映画週間『1921』

2021東京・中国映画週間で『1921』を。 中国エンタメや近現代史に関心のない人には全く食指が動かない映画だと思いますが、若手が中心の人気俳優総出演の大作として、約2時間半あっという間で楽しみました。 中国ドラマファンにお馴染みの顔もあちこちに。…

注目の台湾映画『返校』監督にインタビュー

この夏、ぜひ見ていただきたい台湾映画『返校』の監督インタビューをwezzyさんに寄稿しました。 wezz-y.com

私も英語勉強しなくっちゃ…と思った『サムジンカンパニー1995』

この週末公開の映画2本、関連の記事を書きました。 『サムジンカンパニー1995』 wezz-y.com 待ってたよ!な『唐人街探偵 東京MISSION』 【気になる隣の男子】メガヒット中国映画の主役は「国民の弟」https://t.co/IxDqctXel5 — シネマカフェcinemacafe.net …

けっこうガツンとくる『やすらぎの森』

5月21日(土)公開のケベック映画『やすらぎの森』。劇場版パンフに監督インタビューを書きました。 差別や人生のしまい方を考えさせられたり、2019年に88歳で亡くなったアンドレ・ラシャベルさんがバストトップも露わにして挑んだ美しいラブシーンに驚かさ…

2020年の中国映画興収ランキング

本日発売。今年もキネマ旬報「映画業界決算特別号」で2020年の中国映画興収ランキングについて書きました。 コロナ禍の各国の映画事情がよく分かる1冊です。大泉洋さんが目印。 www.kinejunshop.com

必見の『春江水暖~しゅんこうすいだん』

まだまだ全国順次公開中、『春江水暖~しゅんこうすいだん』。絵巻物を見ているような、すごい作品です。

2021年もよろしくお願いいたします

昨年公開の作品たちですが、まだまだ見られます。 今年もよろしくお願いいたします。 wotopi.jp

「THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~」白雪監督インタビュー

昨日から公開です。白雪監督、素晴らしいデビュー作。キネマ旬報の記事がオンラインで公開されました。 若手監督を取り巻く中国映画業界の状況も興味深い。 www.kinejun.com

女性が主役の映画4本

この秋、おススメの映画をウートピさんでご紹介しています。 wotopi.jp

『死霊魂』公開

字幕翻訳(第二部、第三部)した『死霊魂』、コロナの影響による上映延期を経て、やっと公開されました。8時間超という長丁場ですがぜひこの機会に三部続けて見てほしい。

『はちどり』がいい

本日6月20日公開の韓国映画『はちどり』、キム・ボラ監督にインタビュー。

ステイホームがなぜかノーストレスだった件/『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

映画館が営業を再開し、やっと公開された『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』。「telling,」さんに記事を書きました。

キネマ旬報に2019中国興収ランキング

毎年恒例の映画業界総決算号。中国の2019年興収ランキングを紹介しています。 www.amazon.co.jp

「若草物語」を読み返した

また更新をさぼっていました。 「若草物語」の著者ルイーザ・メイ・オルコットの命日に公開された翻訳者・谷口由美子さんへのインタビュー記事です。これを機に「若草物語」全4巻を読み返したのですが、今読んでもまったく古くない。 公開が初夏に延期にな…

映画『幸福路のチー』

台湾の長編アニメ『幸福路のチー』。大人にこそ見てほしい!ソン・シンイン監督にインタビューしました。

『象は静かに座っている』主演の2人

シネマカフェさんに不定期で書かせてもらうアジア圏(中華圏が中心になると思うが)のイケメンさんご紹介企画。 今回は今週末11月2日(土)公開、『象は静かに座っている』の主演2人、ポン・ユーチャンとチャン・ユーを紹介しています。4時間という長尺を感…

『華流日和』

新しい華流雑誌、『華流日和』。好評発売中のようです。公開中『帰れない二人』のチャオ・タオさんインタビューなどを書きました。

『芳華-Youth-』まだまだ上映中

ブログに上げていませんでしたが、4月に封切られた『芳華-Youth-』、まだまだ全国の劇場で上映中。素晴らしいので見てほしい!公開時、dmenu映画さんに書いた記事です。

【字幕翻訳】「晩媚と影~紅きロマンス~」

昨日から衛星劇場で放送が始まった中国ドラマ「晩媚と影~紅きロマンス~」(原題:媚者無疆)。字幕翻訳に参加しました。 (中国にしては)低予算のネットドラマでありながら、若手スタッフ・キャストを中心に撮影や美術、編集にもこだわりが見られ、見ごた…

「キネマ旬報」3月下旬特別号

毎年恒例、発売中の「キネマ旬報」3月下旬・映画業界決算特別号に中国の昨年の映画ヒットランキングを紹介する記事を書かせていただいた。イーストウッド御大の表紙が目印です。