ライター新田理恵/NittaRie

映画、人、お仕事について書きます。

もう20年も前のドラマなのか!

ドラマ「青い鳥」で見たとき、その美少女っぷりに衝撃を受けた鈴木杏さん。(20年も前のドラマなのかと、此度改めて衝撃を受けたわ)

 

最新主演映画『明日にかける橋』でお話をうかがいました。ウートピにて。

 

wotopi.jp

こちらが後編。

wotopi.jp

 

ひとりで遊べるって大事。

ネガティブな感想が見当たらない

上海国際映画祭で23日、24日と上映された『万引き家族』。見た人の微博の書き込みを読んでも、ほとんどネガティブな意見が見当たらない。特に取り調べ室での安藤サクラさんの演技にやられた人が続出のようです。

 

中国のレビューサイト「豆瓣」をみると、あちらでは7月公開のようです。李健がプロモーション曲を提供するとか。

 

映画祭で行われた現地記者さんとの朝食会&インタビューの記事が出ていました。中国語分かる方はどうぞ。(あるいはGoogle翻訳か何かで)

www.sohu.com

上海で『万引き家族』大注目&華誼の新作発表

本日、上海国際映画祭(6月16~25日)開幕です。残念ながら今年は行けませんでした。 

今年の注目は、23日(土)と24日(日)に上映予定の『万引き家族』。23日には是枝裕和監督と松岡茉優さんの舞台挨拶が予定されています。

このチケットが即完売で、新浪網によると発売開始後わずか数十秒の瞬殺だったとか。もちろんダフ屋が出現し、1枚120元(約2,000円)のところ、数百元~1000元(約1万7,000円)で売り出されたりしてるとニュースになっていました。

 

家族観が日本人とはかなり違う中国人ですが、今回見るのは主に上海の若い人だと思うので、日本の観客とそんなに大差ない感想が出てくるのではないかなーと推測。香港国際映画祭でも、中国からの出品作には「社会からこぼれ落ちた人」がテーマの作品が多かったので、あちらの方が『万引き家族』をどう受け止めるか、感想が出てくるのが楽しみです。

eigato.com

『万引き家族』は中国でも一般公開されるので、今回争奪戦に敗れた上海市民のみなさんには、高額チケットに飛びついたりせず、冷静に待っていただきたいものです。

で、本作を中国で配給するのが華誼兄弟(華夏電影発行、路華影業との共同)なのですが、上海映画祭開幕に先駆けて、15日に同社の2018~2019年新作発表がありました。 

香港系のポータルサイト「鳳凰網」によれば、日本がらみでは『万引き家族』の年内公開、また、滝田洋二郎監督による中国の小説「聞煙」の映画化(2019年公開予定)が発表されました。 

中国映画では、まず7月27日にツイ・ハーク監督の「狄仁杰」シリーズ最新作『狄仁杰之四大天王』(原題)、9月21日にジャ・ジャンクー監督の『江湖儿女』(原題)が公開予定。個人的には、夏公開で上海映画祭のコンペ部門にも出品されている姚晨と馬伊琍(「我的前半生」がめっちゃ良かった)共演の『找到你』(原題)が楽しみ。プロデューサーとして馮小剛(フォン・シャオガン)がクレジットされてます。2019年には、その馮小剛監督の『手機2』(待ち遠しい!)、管虎監督の戦争映画『八佰』(これも待ち遠しい!)が待機。今後の動向に注目したいと思います。

 

そうそう、管虎監督は2年前に来日された際にお話をうかがっています。

eigato.com

この時も、次は戦争映画を撮るんだと言ってましたね。

あと、余談ですが、このインタビューに出てくる「老炮儿」について、「日本だと西城秀樹さんかな」とおっしゃっていて、そのときはピンとこなかったのですが、今はなんとなく分かる気がします。

珈琲専門店シャルマンー渋谷・Bunkamuraル・シネマそば

映画を見た後はどこかでコーヒーを飲みつつ反芻するのが常ですが、どうもチェーン系カフェばかりになってしまいがち。

 

先日、渋谷の東急近くで取材があったときに編集さんと入った純喫茶がとてもいい感じだった。Bunkamuraル・シネマ後に使える。

 

珈琲専門店シャルマン。

 

キレのあるアイスコーヒーが500円。(たしか)

f:id:nittarie:20180616081806j:plain

そして、しっかり食事するお腹ではなかったので、軽い気持ちで注文したチーズトースト(650円)とツナトースト(600円)がこちら。(たしか。あまり価格気にしてなかった)

f:id:nittarie:20180616081931j:plain

すんごいボリューム。

たっぷりとろけるチーズにマヨネーズをオンするという発想はなかったわ。ツナも胡椒がきいていて、とても美味しい。

 

Bunkamuraル・シネマで映画といえば、地下のドゥ マゴ パリが落ち着いていて好きだったのですが、お気に入りが1軒増えた。

 

tabelog.com