読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライター新田理恵/NittaRie

映画、人、お仕事について書きます。

『牯嶺街少年殺人事件』

中華 映画 お知らせ

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』

いま必見の映画です。

テレビ画面とかPCで観る映画じゃないので、

ブルーレイ出ないかなーとか言っている方は

もうこの三連休に映画館へ走っていただきたい!

 

撮影当時は14歳。主演の張震(チャン・チェン)氏に

インタビューしました。

movie.smt.docomo.ne.jp

(正確には本作の前にもちょこっと映画には出ているようですが、

ちゃんとお芝居したのはこれが初ということで)

密かに、いつか取材したいと思っていた俳優さんが

この張震とディカプリオさん。

 

張震→『牯嶺街』を学生時代に観ていなければ今この仕事をしていないから

ディカプリオさん→映画デビュー前から応援してたから

 

という、なんかもうただの「意地」みたいな願望なんですけれども。

あとディカプリオさんに取材できたら

もう思い残すことはないかも?!

 

 

素敵な女性

お知らせ 映画 生活

今年に入ってから素敵な女性の取材が続きました。

 

スカート専門という発想が新鮮。

wotopi.jp

 

とてもいい映画です。

留学から戻って感じた「世間体」重視への居心地悪さに共感。

wotopi.jp

 

来週もう1本アップされる柊りおんさんのインタビュー(全4回)。

毎回目から鱗のお話をしていただいています。

wotopi.jp

 

取材しながらちょっとうるうるきてしまった、

田中美佐子さんインタビュー。前編もあります。

wotopi.jp

 

シティリビング2月24日号

私も死ぬまで働きたい!

96歳現役美容部員の浜田ミヨさん。

f:id:nittarie:20170312182200p:plain

 

現在発売中の「プレジデントウーマン」4月号

「一瞬で通る!面白い資料のつくり方」特集で、

Microsoft MVP(パワーポイント部門)受賞者の

山橋美穂さんに取材させていただきました。

f:id:nittarie:20170312222222j:plain

ライターの仕事でパワポを使うことってあんまりないけど、

今後企画書などを作る機会があれば参考にしたいです。

 

 

キネマ旬報

中華 映画 お知らせ

発売中のキネマ旬報「映画業界決算特別号」、

「世界のヒットランキング&映画界事情」のコーナーで中国について書いています。

この号は資料価値が高くて、読者としても毎年楽しみ。

f:id:nittarie:20170311115019j:plain

取り上げた2016年興収トップ25には入っていませんが、

個人的に昨年の中国公開作のお気に入りは、

大阪アジアン映画祭でも上映されている『七月と安生』です。

一見、「最近多い“あの頃”系の青春映画でしょ?」と

思われるかもしれませんが全然違う。

女の親友同士の複雑な関係とか、非常に見応えがあります。

一般公開してほしいな~

youtu.be

今年のお仕事1本目

お知らせ ドラマ 生活

2016年後半に話題をさらったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。

同作で家事監修を務められた家事代行サービス大手・ベアーズ 高橋ゆき副社長のインタビューが、

「ウートピ」さんにアップされました。

wotopi.jp

 

時々、

「誰か洗濯しに来てくれないかな」とか

「掃除してくれないかな」とか

「ご飯作っといてくれないかな」とか思いますが

(時々どころではないかも)、

だったら家事代行をお願いできるくらい

「まず稼ぎな」

というお話ですね…。今年も(は?)頑張って働きます。