ライター新田理恵/NittaRie

映画、人、お仕事について書きます。

中国映画、8割は赤字?

少し前になりますが、中国の中央人民広播電台のサイトに

「中国映画の8割は赤字」という記事が出ていました。

 

今年上半期の興行収入(チケット販売サイトの手数料除く)は

前年同期比3%増の253億5,300万元(約4,200億円)。

外国映画41本に対して中国映画は194本公開されましたが、

興収に占める割合はわずか38.5%だったのこと。

 

最近の中国映画業界は、さすがにちょっと前ほど闇雲にお金はかけなくはなったようですが、それでも、数百万元はかかるわけで。

300万元以下に製作・宣伝コストを抑えない限り(劇場公開映画では非常に厳しい)、興収1,000万元(約1億6,600万円)を最低確保しないとペイできないといいます。

上半期、興収1,000万円を超えた中国映画は51本(1億元超えは15本)。でも、スターのギャラだの、宣伝費だのを考えると、手堅く見積もって公開作の8割以上が赤字だろうという話です。

 

製作費を明らかにしていない作品も多いので、推測混じりの記事ではありますが、

上半期の中国映画興収トップ5《功夫瑜伽》、《西游伏妖篇》、《乘风破浪》、《大闹天竺》、《熊出没4》はまず黒字として、あと『容疑者Xの献身』の中国リメイク版や、

低予算映画で健闘した《冈仁波齐》(日本公開タイトルは『ラサへの歩き方 祈りの2400㎞』)などは黒字なんじゃないかとのこと。

 

いずれにせよ、日本で報じられているほど景気は「イケイケ」ではないようです。

f:id:nittarie:20170720170035j:plain

(写真は記事と関係ないけど、素敵な上海・大光明電影院。
上海国際映画祭の開幕日のもの)

 

「プレジデント ウーマン」8月号

発売中の「プレジデント ウーマン」8月号。

漫画家ヤマザキマリさんに発想力の源について聞きました。

 

おもしろいものを描ける・書けるのは、

みっちりつまった知識の礎があってこそ、だと感じた取材。

アウトプットもいいけれど、インプットにもっと時間を割きたいものです。

f:id:nittarie:20170708080614j:plain

ほかにも、

“神の手”の異名をもつ脳神経外科医の加藤庸子先生、

話題のGINZA SIXのプロモーションを引っ張ってこられた岩原佳乃子さんに

お話をうかがっています。

PRESIDENT WOMAN(プレジデント ウーマン)2017年8月号(脳が15倍! はたらく集中力&発想法)

上海国際映画祭 「失恋33天」原作者の新作は「2.5次元」モノ

上海国際映画祭に行ってきました。


取材や何やで肝心の映画はあまり観られなかったのですが、

ちょうど入れたので期待せずに観た『閃光少女』が意外と面白かった。

 

パッケージはいい加減もうええわ(飽)な

「あの頃系」×「学園モノ」。

しかし。

音楽の専門高校を舞台に、西洋音楽系の生徒にバカにされている

民族音楽系の生徒がバンドを組んでまわりを見返してやろうとする話なのですが、

ヒロイン(どことなく綾瀬はるかっぽい徐璐が達者)と組む女の子たちが

ゲームやコスプレを愛する「2.5次元」なんですよ。

youtu.be

 

中国でも人気だとは聞いていたけど、

日本より先にこういう映画が出てきたのが興味深い。

 

脚本は2011年の大ヒット映画「失恋33天」の原作・脚本を手掛けた鮑鯨鯨。

舞台挨拶にも登壇したのですが(右端)、

「自分の青春時代を投影はしていますが、

私は友だちがいなかったところが映画とは違う」

とちーっちゃい声でボソボソ話す根暗な感じが

興味をそそる人でした。

f:id:nittarie:20170624085949j:plain

 

春のお仕事

すっかり更新を怠けていました。

春おもてに出たWebのお仕事を一部載せておきます。

 

【5月】やっぱり監督の取材は面白い

 

なぜ、ホウ・シャオシェン監督は多くの映画関係者から慕われているのか。

お人柄がちょこっとだけのぞけて幸せでした。

www.cinematoday.jp

 

ゴシップ報道によるイメージや先入観でいろいろ言われがちな方ですが、

なんだかとても品があってお話もスマートな方だった。

『TOKYOデシベル』の辻仁成監督。

president.jp

一月前にお鍋とフライパンがそろってダメになって以来

火を使った料理をしていなかったので、

さすがに取材後、鍋買いに行こうと思ったよね。

 

【4月】『帝一の國』がアツかった

news.livedoor.com

www.cinemacafe.net

 

紙媒体では、

「PRESIDENT WOMAN」6月号でトップセールスの方に

相手の心をつかむトークのコツを聞くなどしています。

www.amazon.co.jp

 

6月は中華&フランス映画どっぷりになる(というかなりたい)予定。

『タレンタイム〜優しい歌』

人生ベストと言える映画の一つ

(ベストじゃないやん、と言われそうだが決めきれないんだもの)、

『タレンタイム〜優しい歌』。

 

出演者のマレーシア人歌手・女優アディバ・ノールさんに

お話をうかがっています。

www.cinematoday.jp

eigato.com

 

ヤスミン・アフマド監督の傑作。

まだまだ公開中!